注文ノルマ無しのウォーターサーバー比較

ウォーターサーバーには注文ノルマというのが契約内容に入っているものがあります。例えば、毎月の本数が決まっていたり、自動的に水の配達が行われる会社もあります。

注文ノルマなしの特徴

注文ノルマがある会社と契約するときに確認しておかないと、例えば、一人暮らしなのに毎月決まった数のボトルが送られてくると飲み切れないこともあります。ですので、水の消費量が少ない方には注文ノルマがなしがおすすめです。

また、夏場は多く飲むけど冬場はあまり飲まないのような家庭なども調整ができないので注文ノルマがあるウォーターサーバーは不向きといえます。毎月のサーバー代金が無料の会社も多くなってきましたが、その場合は毎月の注文ノルマががある会社も多いです。

ノルマなしは安い?

注文ノルマなしのウォーターサーバーの場合費用を安く抑えることができます。ノルマがない場合は毎月のウォーターサーバー料金が必要となります。しかし、ウォーターサーバー料金も500円〜ぐらいからレンタルできますので、費用を抑えたい方にはおすすめです。

継続期間が短い

注文ノルマなしのウォーターサーバーは最低継続期間が短く設定されています。最低継続期間とは、ウォーターサーバーの契約後に解約できない期間です。何らかの事情で最低継続期間内に解約しようとすると解約手数料が発生してしまいます。

そのため、最低期間が短いウォーターサーバーは手軽に試しやすいという特徴があります。

デメリットは?

ここまで、注文ノルマなしのメリットを紹介してきました。しかし、もちろんデメリットもあります。

注文ノルマなしのウォーターサーバーはノルマありと比べると種類が少なくなっています。そのため、選ぶ自由が低いと言えます。また、ノルマありの場合には自動的に水の配達をしてくれますが、ノルマなしの場合には毎回注文する必要があるので多少面倒にはなってきます。

注文ノルマなし

アクアクララ(RO水)

アクアクララには水の注文ノルマがありません。

お水を飲むペースはご家庭によってさまざまだから、アクアクララは「月々に〇本」といったお水の注文ノルマを設けておりません。必要のないお水まで購入する無駄もなく、お客様に合ったペースで続けていただけます。

上記のように公式サイトに記載されています。毎月のサーバーレンタル料は必要です。

アクアクララのおすすめポイント

  • 家庭用ウォーターサーバー市場シェアNo.1
  • 「RO膜(逆浸透膜)」でろ過した、安心でおいしいお水をお届け!
  • 厳しい品質管理と検査体制
  • 環境に配慮して繰り返し使えるリターナブルボトルを採用
宅配エリア全国
注文単位
(一回の配送)
1,200円(12L)×2本~
水の価格
(500ml換算)
RO水 50円~
サーバーレンタル料1,000円~
電気代350円~
月額費用※4,250円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

アルピナウォーター(RO水)

アルピナウォーターは注文ノルマが発生しないウォーターサーバーです。公式サイトを見てみると。

定期購入ではございませんので、お客様の必要なときにご注文いただけます。
毎月注文しなければならないということはございません。
ご注文数は新規ご注文と同様に関東エリア(自社配送エリア)にお住まいの方は2箱から、北海道・本州(自社配送エリアを除く)・四国・九州にお住まいの方は1箱からご注文いただけます。

と記載されています。

その代わりサーバーレンタル料が毎月必要となっています。

アルピナウォーターのおすすめポイント

  • 圧倒的なローコスト
  • アルプスの天然水をROろ過。99.9%の不純物を除去
  • 硬度1㎎/ℓ以下の軟水で赤ちゃんのミルクにも。
  • 放射性物質検査を毎月実施
  • 温水には安心のチャイルドロック
宅配エリア全国(沖縄県を除く)
注文単位
(一回の配送)
780円(8L)×3本~
※8Lについては、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城のみ6本~
水の価格
(500ml換算)
RO水 43円~
サーバーレンタル料572円~
電気代800円~
月額費用※3,436円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

ハワイアンウォーター(RO水)

ハワイアンウォーターは毎月の購入ノルマ等はありません。

毎月の購入ノルマ等は一切ございませんのでご安心ください。
また、頼まない月があっても大丈夫となります。
ただ、その際は通常のウォーターサーバーはウォーターサーバーのレンタル代のみのお支払が必要になります。水素水サーバーの場合はウォーターサーバーのレンタル代の他に高濃度水素水キットのレンタル代のお支払いも必要となります。ご了承のほどよろしくお願い致します。

公式サイトには上記のように記載されています。サーバー代金は必要となっています。

ハワイアンウォーターのおすすめポイント

  • 25年もの長い時間をかけてろ過したハワイの天然水
  • 最先端のフルオートメーションを誇る工場でボトリング
  • エコサーバーは最大42%の省エネを実現
  • チャイルドロック搭載
  • 自動クリーニング機能搭載
  • 追加料金で水素水サーバーも使える。
宅配エリア全国(※沖縄を除く)
注文単位
(一回の配送)
1,550円 (12L)2本~
1,200円 (8L)3本~
水の価格
(500ml換算)
天然水 75円~
サーバーレンタル料スタンダード:572円/月エコサーバー:872円/月
電気代1,000円~
月額費用※4,672円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

信濃湧水(天然水)

信濃湧水は注文ノルマがありません。

お客様のお好きなタイミングでご注文頂きます。定期配送の様に飲みきれないボトルが溜まっていくことはありません。

公式サイトには上記のように記載されています。

信濃湧水のおすすめポイント

  • スタンダードサーバー比最大42%省エネ
  • 小さなお子様のいらっしゃるご家庭でも安心の『ダブルチャイルドロック』
  • サーバー内部を衛生的に保つ『自動クリーン機能』搭載
宅配エリア全国※沖縄を除く
注文単位
(一回の配送)
1,500円(12L)×2箱(4本)~
水の価格
(500ml換算)
天然水 62円~
サーバーレンタル料スタンダードサーバー:800円エコサーバー:300円
電気代800円~
月額費用※4,600円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。

どっちを選ぶ?

注文ノルマがあるウォーターサーバーと注文ノルマがないウォーターサーバーがどちらがいいかというと使い方次第と言えます。

注文ノルマががある会社でも、一定量の水を注文するとサーバー代が無料になったりするメリットもあります。

どうしても、注文ノルマがあると水が残ってしまうという方は注文ノルマなしを選ぶといいと思います。

また、今からウォーターサーバーを使おうと思っている方は、無料お試しなどを利用してどれくらいの水を消費するのかを知るのもいいでしょう。