ウォーターサーバー 硬水と軟水の違いは?

特に意識した事がない方もおもいますが、私たちが飲んでいる水には硬水と軟水に分かれます。

市販されているミネラルウォーターを飲み比べてみると多少味や飲み心地が違うのも硬度が原因となっています。

硬水と軟水の違い

硬水と軟水の違いは硬度です。

硬度は1Lあたりの水に含まれるカルシウムやマグネシウムの含有量です。硬度の数値によって硬水か軟水かが決まります。

つまり、硬水はカルシウムやマグネシウムが豊富に含まれている水という事になります。

味の違い

硬水と軟水では硬度が違うので、口当りに違いがあります。硬水は口当たりを重く感じ、軟水はまろやかな口当りになります。日本の水はほとんどが軟水と言われています。

日本人の口には軟水が合うと言われています。硬水を飲んで見たい方は、ヨーロッパや北米のミネラルウォーターを購入すると手軽に硬水を飲めます。

また、日本のウォーターサーバーの水もほとんどが軟水となっています。

硬度の違い

硬度の違いは地殻物質によります。天然水は地中にしみ込んだ雪や雨水が地層中で汚れやゴミを濾過し、地層中のミネラルを吸い取って湧出しています。

日本は国土が狭く地層に浸透する時間が短く、ヨーロッパや北米の大陸では地層に接する時間が長いことが、硬水と軟水を生み出す要因にとなっています。

軟水と硬水の基準

日本

区分 硬度
軟水 100mg/L 未満
硬水 100mg/L 以上

WHO(世界保健機関)

区分 硬度
軟水 60mg/L未満
中程度の硬水 60mg〜120mg/L
硬水 120mg〜180mg/L
非常な硬水 180mg

硬水のメリット・デメリット

メリット

  • 便秘解消効果
  • 洋風の煮込み料理に最適
  • 動脈硬化予防

デメリット

  • 結石のリスクが高くなる
  • お腹がゆるくなる
  • 素材の風味を活かしたい料理に適さない

軟水のメリット・デメリット

メリット

  • 日本料理に適している
  • 赤ちゃんや小さな子供でも安心
  • 肌や髪に優しい
  • 泡立ちが良い

デメリット

  • ミネラル補給が出来ない

コメントを残す

メールアドレスの入力は任意です。(公開されることはありません)