ウォーターサーバーは二人暮らしでどのくらいの水が必要?

ウォーターサーバーを選ぶ際に大切なのが水の消費量です。

水の消費量を知っておくことで、ウォーターサーバーの注文の際に選ぶのが簡単になってきます。

反対に水の消費量をわかっていないと、追加料金を取られこともあります。

会社によっては毎月の注文量が決まっており、その本数を満たせない場合には別途サーバー代が必要になることもあります。

注文ノルマ無しのウォーターサーバー比較

水の消費量が少ない場合には毎月のノルマがないウォーターサーバーを選ぶなどの工夫が必要になってきます。

二人暮らしのウォーターサーバーの選び方

まず、知っておきたいのが二人暮らしのウォーターサーバーの水の消費量です。

一般的に言われている二人暮らしの飲み水の消費量は25リットルと言われています。

参照:ピュアウォーター研究所

25リットルというと12Lのボトル2本分ですので、注文ノルマを十分に達成できる消費量になります。また、これはあくまでも飲み水の消費量ですので、料理に使ったり、スキンケアに使ったりすると水の消費量はさらに増えます。

反対に、料理には水道水を使う、水の飲む量が少ないという方はこれよりも少なくなってきます。

どんな時に水を使う

ウォーターサーバーの水を使うときはどんな時でしょう。

  • 飲み水
  • コーヒー・お茶
  • インスタント食品(カップ麺、スープ)
  • 料理
  • お米
  • スキンケア

などがあります。自宅で料理をすることが少ない方は水の使用量も減りますし、男性の場合はスキンケアに使うことも少ないと思いますので使用量が減ってきます。

ですので、上記を参考にしてどんな時に水を使うのかを考えるとだいたいの水の消費量がわかってくると思います。

水の量が選べるウォーターサーバー

どれくらいの消費量になるのかわからない方は、水の量を選べるウォーターサーバーを選ぶのもおすすめです。

会社によっては、数種類の水の量から選べるようになっているところもありますので、水の注文量の調整ができます。

また、注文ノルマが少ないウォーターサーバーを選ぶのもおすすめです。ウォーターサーバーを契約したけど思ったよりも消費量が少なかったという際にも、注文ノルマが少ない会社なら無理がない範囲で続けることができます。

フレシャス(天然水)

フレシャスはサーバーによって水の量を変えることができます。4.7L~9.3Lと一般的な水の量よりも少ないので一人暮らしや二人暮らしの方にもおすすめです。

フレシャスのおすすめポイント

  • グッドデザイン賞受賞!
  • クリーニング機能と無菌エアレスパック
  • お水は交換ラクラクな軽量使い捨てパック or 下置きボトル式♪
  • 使い捨て容器なので小さくたたんでそのままゴミ箱に。
  • 省エネ機能搭載で、電気代を最大70%カット
  • 業界初の「UV-LED」殺菌機能搭載で、衛生面も安心
  • 選べる3種類の天然水

 

宅配エリア全国(沖縄県を除く)
注文単位
(一回の配送)
1,506円(9.3L)×1箱(2本)~
水の価格
(500ml換算)
天然水 79円~
注文ノルマあり
サーバーレンタル料0円~
電気代330円~
月額費用※4,472円~

※注文単位(24L換算)+レンタル料+電気代=月額費用 。メンテナンス料金は含まれていません。